So-net無料ブログ作成
検索選択

早稲田育英柴又教室:新宿中3年期末テスト(再テスト)数学解説

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★☆早稲田育英「夏期講習会」の★☆★☆

☆★☆★☆★☆★ お知らせ ☆★☆★☆★☆★


夏期講習の日程等は下記のとおりです。

皆さんのご参加をお待ちしています。

1.日程 前期 7月21日~8月9日

     後期 8月18日~8月30日

2.時間 午前10時~午後9時の時間帯での個別指導

      中3生は午前10時より午後5時までSST、

      午後6時40分~9時半まで個別指導

3.費用 個別指導 1コマ当り3,240円(80分)

      SST    1コマ当り693円(60分)

      その他設備費、教材

4.申込・お問い合わせ 

-1) 電話  03-3600-8791

-2) メール ikuei172@dj9.so-net.ne.jp

-3) H P http://www.each-one.net/

費用、コマ数、SST授業については、

お気軽にお問い合わせください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


今回は、新宿中3年、期末テスト数学の

再テストのうち、大問1の(1)を

解説したいと思います。

新宿中3年の期末テストは、全体的に

あまり得点が伸びなかったようで、

全員が再テストになったそうです。

(1)は基本問題ではあるのですが、

こういう問題を解いたことがないと、

難しく感じると思います。

そういう意味では、応用問題かもしれません。

(a+b-1)(a-b+1)を展開しなさい。

という問題です。

総当りで計算してもよいのですが、

ここでは、A(ラージエー)またはXを

使って説明します。

こういう場合、どこかに共通の部分を

探します。

必ず共通の部分があるはずです。

でも、符号が違うので、

完全に同じという部分が見当たりません。

でも、( )でくくると見えてきます。

(a+(b-1))(a-(b-1))

どうでしょう?(b-1)が共通部分として

浮かび上がってきました。

(b-1)をAまたはXとして置き換え、

(a+A)(a-A)として展開します。

ここからは、大丈夫、出来ると思います。

AやXに置き換えるという問題は、

やはり練習を積み重ねないと

出来ないです。


柴又教室プリント教材には、

こうした少し難しい問題にも

充分に対応できるようになっています。

PCのボタンを押せば、類似問題が

どんどん印刷されて出てきます。

これだけやれば、もう大丈夫。

というところまで、練習してもらいます。


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。