So-net無料ブログ作成

早稲田育英柴又教室:AO入試「作文・論文の書き方」

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★☆早稲田育英「夏期講習会」の★☆★☆

☆★☆★☆★☆★ お知らせ ☆★☆★☆★☆★


夏期講習の日程等は下記のとおりです。

皆さんのご参加をお待ちしています。

1.日程 前期 7月21日~8月9日

     後期 8月18日~8月30日

2.時間 午前10時~午後9時の時間帯での個別指導

      中3生は午前10時より午後5時までSST、

      午後6時40分~9時半まで個別指導

3.費用 個別指導 1コマ当り3,240円(80分)

      SST    1コマ当り693円(60分)

      その他設備費、教材費

4.申込・お問い合わせ 

-1) 電話  03-3600-8791

-2) メール ikuei172@dj9.so-net.ne.jp

-3) H P http://www.each-one.net/

費用、コマ数、SST授業については、

お気軽にお問い合わせください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


今回は、高校三年生向け、AO入試対策として

「作文・論文」の書き方を説明します。


作文、論文の本格的な書き方を

説明しようとすると一冊の本が

出来上がってしまいますので、

そうではなくて、簡単に今すぐにでも

書けるように、説明したいと思います。


まず、問題は、どういったものが

出題されるかというと、

1)~についてどう思うか?

2)~はAと思うかBと思うか?

というような出題になるかと思います。

そして、原稿用紙2~3枚。

多いところでは4枚くらいになると思います。


書き方ですが、

1)まず結論を書きます。

2)その結論に至った理由の数を書きます。

たとえば、「理由は3つあります。」というように。

3)そして理由を箇条書きにしていきます。

「一つ目の理由は・・・です。」

4)次にその理由の裏づけとなる自信の体験を

書きます。

もちろん、新聞や雑誌、本などから得た情報をもとに

書いても構わないのですが、一番説得力があるのは、

自分自身の体験です。

本来であれば、アンケートを取ったり、

実験をして仮説⇒結論となるのが、本当の論文ですが、

入試では、実験をしている時間など

ないですから、なるべく説得力ある体験を

書くのがよろしいかと思います。

3)と4)を理由の数だけ繰り返して書き、

それぞれの理由を完成させます。

そして、最後、

5)再度結論を書きます。

ここで最初の結論と違ったことを書かないでください。

誤字脱字がないか確認して完了です。

過去問題や予想問題を使って、

何度か練習をして本番に臨んでください。




nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。