So-net無料ブログ作成

早稲田育英柴又教室:問題数/量が違う!夏期講習

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★☆早稲田育英「夏期講習会」の★☆★☆

☆★☆★☆★☆★ お知らせ ☆★☆★☆★☆★


夏期講習の日程等は下記のとおりです。

皆さんのご参加をお待ちしています。

1.日程 前期 7月21日~8月9日

     後期 8月18日~8月30日

2.時間 午前10時~午後9時の時間帯での個別指導

      中3生は午前10時より午後5時までSST、

      午後6時40分~9時半まで個別指導

3.費用 個別指導 1コマ当り3,240円(80分)

      SST    1コマ当り693円(60分)

      その他設備費、教材費

4.申込・お問い合わせ 

-1) 電話  03-3600-8791

-2) メール ikuei172@dj9.so-net.ne.jp

-3) H P http://www.each-one.net/

費用、コマ数、SST授業については、

お気軽にお問い合わせください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今回は、柴又教室のプリント(夏期講習用)と

一般的な塾用の問題集(夏期講習用)とを

比べてみました。

たとえば、昨日、解説をした「二次方程式の応用」の

単元を見てみましょう。

動画を見ていただければ分かりますが、

一般的な塾用の問題集では、

この「二次方程式の応用」の単元は、ページ数でいうと

1ページ半、全8問の問題で構成されています。

少なく感じますね。


さて、柴又教室のプリントでは、

どのくらいの問題数でしょうか?

これも動画でご紹介していますが、

数えると20ページ、76問の問題数があります。

たった8問と20ページ76問の差は大きいです。

中学生が成績を上げるためには、

問題の量をこなす必要があります。

たった8問では、この二次方程式の応用を理解し、

実際に解けるようになるためには、少なすぎます。


二次方程式に限らず、すべての教科・単元に

言えることですが、

何回も類題を解かないと本物の力になりません。

柴又教室では、この20ページの問題を

こなしてもらうために、朝10時から

夜9時半までという、時間を充てています。

SSTの授業だけで、135時間です。


あなたのお子さんが通っている塾の

夏期講習用の問題集に目を通してみてください。

もし、問題が1単元で8問程度しかなければ、

成績を上げることは難しいです。


さて、今年の夏期講習はどの塾にしましょうか?

76問以上の問題を用意している柴又教室を選びますか?

それとも8問しかない問題集を使う塾を選びますか?



nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。