So-net無料ブログ作成
検索選択

早稲田育英柴又教室:国語は総合力

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

★☆★☆早稲田育英「夏期講習会」の★☆★☆

☆★☆★☆★☆★ お知らせ ☆★☆★☆★☆★


夏期講習の日程等は下記のとおりです。

皆さんのご参加をお待ちしています。

1.日程 前期 7月21日~8月9日

     後期 8月18日~8月30日

2.時間 午前10時~午後9時の時間帯での個別指導

      中3生は午前10時より午後5時までSST、

      午後6時40分~9時半まで個別指導

3.費用 個別指導 1コマ当り3,240円(80分)

      SST    1コマ当り693円(60分)

      その他設備費、教材

4.申込・お問い合わせ 

-1) 電話  03-3600-8791

-2) メール ikuei172@dj9.so-net.ne.jp

-3) H P http://www.each-one.net/

費用、コマ数、SST授業については、

お気軽にお問い合わせください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

小3の国語の授業での出来事です。

国語の文章題で、問題を解くのに

手が止まっています。

???なぜ?と思って、

どこが分からないの?と聞くと、

「ひょうさつ」って何?とのこと。

え?ひょうさつが分からなくて、

ずっと手が止まっていたの?

慌てて説明して、理解してもらいました。


私は国語の読解は、総合力だと思います。

知識、経験、理解力などが必要です。

その知識の中に日本の文化の知識が

とても重要だと思っています。

「表札」もそう、「門松」だって、

「よしず」、「打ち水」、などなど。

最近は「こたつ」を知らない子供もいます。


国語の読解問題には、

日本の文化が記載されている場合が多いです。

夏目漱石、芥川龍之介、森鴎外・・etc

子供は、文章の中にひとつでも

分からない単語があると

それが気になって、先に進めないことが

よくあります。

ですから、日本の文化への知識がないと

読めない文章が多くなります。

逆に、文化への知識が豊富だと

文章がスムーズに読めるようになります。

国語=漢字と思っている親御さんや

読解問題をひたすらやらせれば

大丈夫とお考えのお母様もいらしゃいますが、

「日本の文化」を教えることも大切です。



さて、今日の動画は、算数と数学のセンスを

磨くには、どうしたらいいか?

夏休みにご家族でやって欲しいことを

説明しています。




nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。