So-net無料ブログ作成

早稲田育英柴又教室:宿題をやること=学習意欲

12月から1月にかけては、

中1、中2の生徒さん達が、

一番集中力が落ちる時期です。

何とかして、意欲を喚起していかないと

大事な学年末テストで惨敗してしまいます。

柴又教室では、お母様たちのご協力により、

ようやく生徒さん達の意欲が高まってきました。

柴又教室の成績を上げるシステムでは、

宿題をやってくることで成り立っています。

個別指導で理解を深め、宿題のプリントを

しっかりとやって、理解を定着させる。

これが柴又教室「最強の学習スタイル」です。

ですから、生徒さん達が宿題をやってきて、

最後の締めで、テスト対策授業に参加すれば、

怖いものはありません。

ところが12月~1月ごろは、

宿題の処理率がぐんと下がります。

ここで、お母様にもご協力をいただき、

宿題をやってくるように仕向けていくと

テストに向けた意欲も再び上がってきます。

動画では、黙々とプリントを解く様子を

ご覧いただけると思います。

学年末テストに向けて、更に宿題の処理率と

生徒さん達の意欲を盛り上げていきたいと

思っています。

focus0001s.JPG

focus0002s.JPG






//////学年末・都立入試対策SST授業のお知らせ/////

柴又教室では下記の要領で対策授業を行います。

試験範囲や過去問題をプリントを使って何度も練習してもらいます。


◎学年末テスト対策SST授業(中1・中2対象)

1)実施期間 平成26年2月17日(月)~26日

2)実施場所 柴又教室またはガーデン集会室

3)学習時間 詳細は別途申込の方にご連絡します。

4)授業内容 主要5科目の試験範囲をプリントで解きます。

5)参加費用 10,000円

※全学習時間は、30時間程度になると思います。

◎都立入試対策SST授業

1)実施期間 平成26年2月17日(月)~23日(日)

2)実施場所 柴又教室またはガーデン集会室

3)学習時間 詳細は別途申込の方にご連絡

4)授業内容 過去8年分の都立問題を実戦形式で解きます。

5)参加費用 10,000円



nice!(0) 

早稲田育英柴又教室:中3実践演習の経過報告(3)

今回は、中3実践演習の経過報告3回目です。

引き続き中3生は、全国高校入試問題に取り組んでいます。

今までにないくらいの集中力で

黙々と入試問題を解いています。

解いた後、一応得点も出すのですが、

得点は、正直あまり問題ではありません。

分からなかったところは、

必ず確認させて、

次につなげるようにしています。

そうでないと、ただの得点争いになってしまいます。


北海道からスタートして、

早い生徒さんは、関東を終了させ、

北陸のほうに進んでいるようです。

沖縄まで進めるのは、時間的に難しいかもしれませんが、

2月半ばまでに本州を終わらせるようにしたいです。

それ以降は、毎日柴又教室に来てもらって

都立の過去問題(自校作成含む)を

解いてもらう予定です。



//////学年末・都立入試対策SST授業のお知らせ/////

柴又教室では下記の要領で対策授業を行います。

試験範囲や過去問題をプリントを使って何度も練習してもらいます。


◎学年末テスト対策SST授業(中1・中2対象)

1)実施期間 平成26年2月17日(月)~26日

2)実施場所 柴又教室またはガーデン集会室

3)学習時間 詳細は別途申込の方にご連絡します。

4)授業内容 主要5科目の試験範囲をプリントで解きます。

5)参加費用 10,000円

※全学習時間は、30時間程度になると思います。

◎都立入試対策SST授業

1)実施期間 平成26年2月17日(月)~23日(日)

2)実施場所 柴又教室またはガーデン集会室

3)学習時間 詳細は別途申込の方にご連絡

4)授業内容 過去8年分の都立問題を実戦形式で解きます。

5)参加費用 10,000円



nice!(0) 

早稲田育英柴又教室:2014年 学年末テストに向けて

学年末テストまで、もうあと一ヶ月を切りました。

柴又教室では、着々とその準備を進めています。

学校のワークのチェックは必須です。

どういう問題が出やすいか、

指導する側が、ちゃんと理解していないと

せっかく生徒が頑張っていても

得点に結びつけることが難しくなります。

写真でお見せしているのは、

常盤中2年生の学校のワークです。

学年ごとにワークは異なりますが、

学校ごとにも違うワークを使っているため、

追いかけるのが、難しくなります。

もちろん、範囲も異なりますから、

表を使って管理をしないと

どこの学校で、どこが範囲で、、など

混乱してしまいます。

ちゃんと整理をして、テスト対策の際、

問題を解説してあげると、

生徒達がとても喜びます。

4~5回繰り返してワークの問題を解くと

更に得点がアップします。

workw001s.JPG




//////学年末・都立入試対策SST授業のお知らせ/////

柴又教室では下記の要領で対策授業を行います。

試験範囲や過去問題をプリントを使って何度も練習してもらいます。


◎学年末テスト対策SST授業(中1・中2対象)

1)実施期間 平成26年2月17日(月)~26日

2)実施場所 柴又教室またはガーデン集会室

3)学習時間 詳細は別途申込の方にご連絡します。

4)授業内容 主要5科目の試験範囲をプリントで解きます。

5)参加費用 10,000円

※全学習時間は、30時間程度になると思います。

◎都立入試対策SST授業

1)実施期間 平成26年2月17日(月)~23日(日)

2)実施場所 柴又教室またはガーデン集会室

3)学習時間 詳細は別途申込の方にご連絡

4)授業内容 過去8年分の都立問題を実戦形式で解きます。

5)参加費用 10,000円


お申込は、下記電話またはメールでお申込ください。

ご質問は、下記HPからお問合せください。

nice!(1) 

早稲田育英柴又教室:中学受験講座のスタートです。

今回もお知らせです。

2月~3月は、新年度との切り替えのため、

「お知らせ」が多くなります。

どうぞご了承ください。

今回は、中学受験についてのお知らせです。

早稲田育英ゼミナール柴又教室で行う

中学受験については、大手や他の受験塾とは

考え方が大きく異なります。

それは、中堅優良中学校を狙う、ということ、

小学生は小学生でなければできない生活を

充分に充実させる、ということです。

いわゆる御三家やそれに次ぐ

偏差値の中学校ではなく、

しっかりと面倒見がよく、設備の整った

私立中学校は沢山あります。

無理をして御三家を狙う必要は無いと思っています。

また、小学生としての生活はとても大切です。

家族と一緒に夕食をともにすることも、

友人達と遊び、大好きなスポーツを続けることも

それも大事なことです。

ですから、そうした大切なことを続けながら、

受験をして欲しい。

それが、私の考えです。

その考えに沿った形で、

受験に向けた授業を進めてゆきます。

授業内容は、中学と同じ、個別指導と

SSTプリント授業を組み合わせています。

ここでも、他塾とは違った取り組みを

しています。

例えば、算数の「速さ」が苦手だったとします。

お子さんは、「速さ」の問題を

理解できないのではなく

どうやって解くのか、手順が分からないでいます。

手順は、問題数をこなすことで出来るようになります。

ですから、苦手な単元をプリントで何度も

できるようになるまで、解けばよいのです。

基本授業は、算数・国語1コマずつを

個別指導で行い、

SST授業各1時間で練習問題をこなしていきます。

これで月額費用は、25,350円となります。

もし、社会や理科を入れるのであれば、

SSTの授業を2時間増やすことになります。

合計5,400円の加算となります。

分かるまで、しっかりと指導を受けて、

練習もできて、小学生としての生活を

崩すことなく、受験が出来、

しかも、4科目で3万円強の金額です。

お子様を受験させるのであれば、

早稲田育英ゼミナール柴又教室の

中学受験講座をぜひ、ご検討いただきたいと思います。





//////学年末・都立入試対策SST授業のお知らせ/////

柴又教室では下記の要領で対策授業を行います。

試験範囲や過去問題をプリントを使って何度も練習してもらいます。


◎学年末テスト対策SST授業(中1・中2対象)

1)実施期間 平成26年2月17日(月)~26日

2)実施場所 柴又教室またはガーデン集会室

3)学習時間 詳細は別途申込の方にご連絡します。

4)授業内容 主要5科目の試験範囲をプリントで解きます。

5)参加費用 10,000円

※全学習時間は、30時間程度になると思います。

◎都立入試対策SST授業

1)実施期間 平成26年2月17日(月)~23日(日)

2)実施場所 柴又教室またはガーデン集会室

3)学習時間 詳細は別途申込の方にご連絡

4)授業内容 過去8年分の都立問題を実戦形式で解きます。

5)参加費用 10,000円


お申込は、下記電話またはメールでお申込ください。

ご質問は、下記HPからお問合せください。




早稲田育英柴又教室:「中学で困らない英語」授業のスタート

柴又教室では、2月から

小学6年生を対象にした

「中学で困らない英語」の授業をスタートします。

他の英会話スクールと異なるのは、

授業の内容を「書く」ことに重点を置いていることです。

いくら発音がよくても、

英語を書くときにMakudonarudoと書いているようでは、

点数が取れません。

中学~高校の英語は、「書く」「読む」ことを

重点においた学習です。

何度も言いますが、発音がよくても

得点には、何ら影響がありません。

そのため、柴又教室の授業では、

何度もプリントで英作文を繰り返し

書いてもらっています。

小6も同じです。

まずは、アルファベットから書いてもらい、

中学の一学期に終える単元までを

先行して学習してもらいます。

英語では、スタートダッシュが大事です。

まずは、一学期の中間、あるいは期末テストで

高得点を出し、2学期につなげるように

勉強しましょう。


「中学で困らない英語」へのお申込みは、

電話・メールにてお申込みください。

当塾のHP「体験授業のお申込み」からも

受け付けております。


//////学年末・都立入試対策SST授業のお知らせ/////

柴又教室では下記の要領で対策授業を行います。

試験範囲や過去問題をプリントを使って何度も練習してもらいます。


◎学年末テスト対策SST授業(中1・中2対象)

1)実施期間 平成26年2月17日(月)~26日

2)実施場所 柴又教室またはガーデン集会室

3)学習時間 詳細は別途申込の方にご連絡します。

4)授業内容 主要5科目の試験範囲をプリントで解きます。

5)参加費用 10,000円

※全学習時間は、30時間程度になると思います。

◎都立入試対策SST授業

1)実施期間 平成26年2月17日(月)~23日(日)

2)実施場所 柴又教室またはガーデン集会室

3)学習時間 詳細は別途申込の方にご連絡

4)授業内容 過去8年分の都立問題を実戦形式で解きます。

5)参加費用 10,000円


お申込は、下記電話またはメールでお申込ください。

ご質問は、下記HPからお問合せください。


nice!(0) 

早稲田育英柴又教室:宿題ができない生徒は塾でやる!

柴又教室では、家庭学習が

なかなか捗らない生徒さんには、

積極的に塾に来て勉強するよう

指導しています。

塾に来て勉強してもらう内容は、

塾の宿題がメインになります。

通常の塾の時間以外に塾に来るのは

苦痛かもしれませんが、

家庭で出来なければ、

塾でやるしかありません。

生徒さんが自室で勉強しようとなると

いろいろな誘惑がありますので、

塾に来て宿題をこなしてもらうのが

一番よろしいかと思います。

塾内では、黙々と宿題をこなしている様子を

動画にしています。

静かな環境なので、集中できるようです。




]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]

~あなたのお子さんに、

「次回の学年末テストでは、もっと集中して勉強して欲しい」

とお考えのお母様へ~
早稲田育英ゼミナール柴又教室では、

プリントを使って効率よく成績を上げる「仕組み」を構築しました。

ぜひ、あなたのお子さんに、楽しく集中して勉強に取り組むことができる

SSTプリント授業を体験させてあげてください。


無料体験授業をご希望の方は、下記よりお申込下さい。

HP:http://www.each-one.net/

電話:03-3600-8791
nice!(1) 

早稲田育英柴又教室:学年末テスト対策・高校入試対策SST授業のお知らせ

学年末テストと高校入試本番が

あと一ヶ月に迫りました。

柴又教室では、それらに向けて

対策授業を次のとおり行います。


◎学年末テスト対策SST授業(中1・中2対象)

1)実施期間 平成26年2月17日(月)~26日

2)実施場所 柴又教室またはガーデン集会室

3)学習時間 詳細は別途申込の方にご連絡します。

4)授業内容 主要5科目の試験範囲をプリントで解きます。

5)参加費用 10,000円

※全学習時間は、30時間程度になると思います。

◎都立入試対策SST授業(中3生対象)

1)実施期間 平成26年2月17日(月)~23日(日)

2)実施場所 柴又教室またはガーデン集会室

3)学習時間 詳細は別途申込の方にご連絡

4)授業内容 過去8年分の都立問題を実戦形式で解きます。

5)参加費用 10,000円

※自校作成にも対応しております。

以上です。


お申込は、下記電話またはメールでお申込ください。

ご質問は、下記HPからお問合せください。



]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]

~あなたのお子さんに、

「次回の学年末テストでは、もっと集中して勉強して欲しい」

とお考えのお母様へ~

早稲田育英ゼミナール柴又教室では、

プリントを使って効率よく成績を上げる「仕組み」を構築しました。

ぜひ、あなたのお子さんに、楽しく集中して勉強に取り組むことができる

SSTプリント授業を体験させてあげてください。


無料体験授業をご希望の方は、下記よりお申込下さい。

HP:http://www.each-one.net/

電話:03-3600-8791

Email: info@each-one.net

nice!(0) 

早稲田育英柴又教室:中学の英語は書いて覚える

今回は、英語が苦手なお子さんが

どういうところでつまずいているのか

実際に書いてもらった英作文を見ながら

解説したいと思います。

基本的には、「書く」、「書いて覚える」という

訓練をして来なかったため、

英語を書くことが基本の中学の英語学習に

なじめないでいることが原因です。

中学・高校では、小学生のときに、英会話スクールに

通っていたことは、あまり評価されません。

なぜなら、英会話スクールは

当然、会話中心ですから、書いたり、読んだりの

練習はしていません。

他の科目も同様、「書く」ことについて、

本来は、小学校で訓練すべきなのに

そうしたことはやられていません。

つまり、小学校と中学校の連携が取れていない

ということです。

柴又教室では、この「書く」ということを

徹底してやらせています。

そうすると、本当の意味で理解できているのか、

頭の中だけで理解できているだけなのかが

分かります。

例えば、名前や固有名詞の最初のアルファベットは

大文字にしなければなりません。

数えられる名詞では、基本、a をつけます。

クエスチョンマーク、ピリオドは入っていますか?

英会話スクールで、ピリオドを入れろ、なんて

しつこく講師から言われることはないでしょう。

でも、中学の英語では、それは重要なことです。

書かなければ、書いて練習しなければ、

得点には結びつかないのです。




]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]

~あなたのお子さんに、

「次回の学年末テストでは、もっと集中して勉強して欲しい」

とお考えのお母様へ~

早稲田育英ゼミナール柴又教室では、

プリントを使って効率よく成績を上げる「仕組み」を構築しました。

ぜひ、あなたのお子さんに、楽しく集中して勉強に取り組むことができる

SSTプリント授業を体験させてあげてください。


無料体験授業をご希望の方は、下記よりお申込下さい。

HP:http://www.each-one.net/

電話:03-3600-8791

Email: info@each-one.net

nice!(0) 

早稲田育英柴又教室:学年末テストに向けて

中3生は、受験に向けた実践問題を行っていますが、

中1生、中2生もそろそろ期末テストに向けた

勉強を進めています。

特に、数学と英語は苦手な生徒さんが多いので、

授業の中で、苦手な科目を復習してもらっています。

数学や英語は、理科や社会と異なり

知識や練習の積み重ねです。

ですから、過去にできた問題でも

やり方を忘れてしまうと、

今の単元に響いてしまうことがよくあります。

復習は大事です。

復習を行うことで、苦手だったところが、

逆に得意になったり、不安が解消されたりで、

結果、高得点に結びつきます。

ぜひ、一ヶ月前のこの時期から、

復習することをお勧めします。



]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]

~あなたのお子さんに、

「次回の学年末テストでは、もっと集中して勉強して欲しい」

とお考えのお母様へ~

早稲田育英ゼミナール柴又教室では、

プリントを使って効率よく成績を上げる「仕組み」を構築しました。

ぜひ、あなたのお子さんに、楽しく集中して勉強に取り組むことができる

SSTプリント授業を体験させてあげてください。


無料体験授業をご希望の方は、下記よりお申込下さい。

HP:http://www.each-one.net/

電話:03-3600-8791

Email: info@each-one.net




早稲田育英柴又教室:中学で困らない勉強法(3)~小6生の皆さんへ

今回は、中学で困らない勉強法の3回目です。

前回まで計算の話をさせてもらいましたが、

今回は、文章題です。

小6では、中学で学習する単元のなかで

基本的に理解しておかなければならない

小学校での単元があります。

特に中学校で習う方程式や比例反比例の単元は、

小学校で基礎を理解しているかいないかで、

まったく理解の度合いが違ってきます。

その基礎となるのが、

「速さ」と「比」の文章題です。

時速40Kmで走る車が、1時間に進む距離は?

という質問に答えられない中1生がいるので、

とても残念に思います。

この二つの単元が、分からない、というお子さんは、

何度も教科書を読み、問題を解いて、理解してください。

どうか、分からないまま中学生にならないでください。

そうでないと、前回のブログにも書いたように、

「入れる高校」にしか入れなくなります。

自分の意思で自分の学校を決めるために、

とても重要な単元です。



比の式や速度の公式は、重要ですよ。↓

mihaji001s.JPG




]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]

~あなたのお子さんに、

「次回の学年末テストでは、もっと集中して勉強して欲しい」

とお考えのお母様へ~

早稲田育英ゼミナール柴又教室では、

プリントを使って効率よく成績を上げる「仕組み」を構築しました。

ぜひ、あなたのお子さんに、楽しく集中して勉強に取り組むことができる

SSTプリント授業を体験させてあげてください。


無料体験授業をご希望の方は、下記よりお申込下さい。

HP:http://www.each-one.net/

電話:03-3600-8791

Email: info@each-one.net




nice!(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。