So-net無料ブログ作成

数学は選択と集中

英語と違って、数学は定期テストで80点以上をとるのは、かなり難しいです。

ただ、どうして柴又教室の生徒が、80点以上を取れているかというと、

問題を選択し、それに集中しているからです。

あれもこれもは、やらない。

塾用のテキストを使わず、プリントを使って、

基本中の基本の問題を何度も何度も繰り返し解かせるためです。

定期テストの応用問題の配点が20点だったとしても、

他の基本問題が全問正解なら、それで80点がとれます。

100点満点を目指す必要はありません。

数学が好きで、そのセンスをもともと持っている生徒なら

応用問題もこなし、100点をとれるでしょう。

けれど、数学のセンスがなく、小学校のときから

算数が苦手な生徒に、すぐに100点は無理だと思います。


まずは80点以上を取らせる。

そのためには、基本問題を、徹底的にやるしかありません。

そして、定期テスト中の基本問題を全問正解させることです。



もし、お手元に都立高校の入試問題をお持ちなら、

その問題と配点を見てください。

基本問題がほとんどで、基本問題が解ければ、

80点は取れる形になっています。

だから、基本を徹底的に勉強すれば、それだけでかまいません。

応用問題や難問に手を出す必要はないです。

そう考えれば、生徒の負担が少なくなりますよね。

負担が少なくなれば、苦手な数学を勉強しようという気が起きます。

勉強するから、更に得点が伸びます。

そして、得点が伸びると面白くなり、更に数学を勉強することになります。


とても良いサイクルが回り始めます。


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。