So-net無料ブログ作成

わが家の自己流早期教育(5)

久しぶりに我が家のチビタ君のことを書きます。

チビタ君は現在4歳。

毎朝、元気に幼稚園に向かいます。

彼は、幼稚園に通う前の10分程度、父と一緒にお勉強をします。

勉強といっても、ほとんどが市販のプリントです。

書店に行くと、沢山の幼児向け学習プリントがあります。

これらのプリントには、まちがい探しや点つなぎ、切り絵工作など、

幼児に必要な問題がバランスよく配置されています。

問題もやや難しいものや簡単なもの、タイムリーな問題(運動会・遠足など)が

含まれていて、しかもカラーでかわいらしい絵が描かれているので、

本人は楽しみながら勉強をしています。



早ね早おき朝5分ドリルおんどく・あんしょう―3・4・5歳向け

早ね早おき朝5分ドリルおんどく・あんしょう―3・4・5歳向け

  • 作者: 陰山英男
  • 出版社/メーカー: 学研教育出版
  • 発売日: 2011/04
  • メディア: 単行本





4歳 きりえこうさく (NEW頭脳開発)

4歳 きりえこうさく (NEW頭脳開発)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学研マーケティング
  • 発売日: 2008/03/04
  • メディア: 大型本





やさしいかずかぞえ―3・4・5歳 (かず・けいさん (3))

やさしいかずかぞえ―3・4・5歳 (かず・けいさん (3))

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: くもん出版
  • 発売日: 2004/10
  • メディア: 大型本



いろんな種類のプリント問題があります。



どうして市販の問題を使ってお勉強をしているか、というと、

その目的は、「毎日勉強をする」という習慣を身につけさせるためです。

今では、私がいなくとも自分で問題プリントを棚から出して、

ひとりでも勉強をするようになりました。


今からこういう習慣を身につけておくことは大切なことです。

中学校、高校に入ってから勉強の習慣を身につけさせるのは、

大変難しいです。

でも、幼稚園のころから、こういう習慣を身につけておけば、

親が「勉強しなさい!」などと怒鳴る必要もありません。


机に座って勉強をする習慣をつけることが目的なので、

出来ない問題があっても、それを咎めることもありません。

出来ない問題があれば、親がもっとやさしく問題をつくり直して

もう一度与えればよいだけのことです。

出来ないからといって、強い口調で責めると

もう勉強することすら嫌になってしまいます。

あくまでも、「楽しく」勉強しよう、というのが、

我が家の決まりです。


<追記>

通信教育形のものは、平均的なお子さんを対象にして

問題をつくっているものもあり、

自分のお子さんの成長に合っていない場合があります。

小さいお子さんの能力は、すべての能力が同じように発達せず、

凸凹が多いようです。

ですから、小学校低学年までは、親が自分の子供の発達段階をよく見極め、

ちゃんと、今の段階で、どういう問題が自分の子供にあっているか、

成長を確かめながら、問題を課す必要があります。

通信教育形のものを何も考えずに与えることはNGです。



nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。