So-net無料ブログ作成

早稲田育英柴又教室:常盤中2年 H26年学年末テスト範囲

昨日、常盤中2年の学年末テスト範囲が

発表されました。

数学は、証明や確率が範囲ですから、

相当な練習量を増やさないと高得点は望めません。

英語は、比較級や最上級をスラスラと

書けるようにする必要があります。

このように数学や英語も難しいのですが、

理科は更に難しい単元が含まれています。

電流と磁界、天気、酸化還元など

理解するのに時間の掛かる単元が

3つ並びました。

これらの単元の場合、柴又教室では、

毎回、プリントだけでなく、私の説明も

授業の中に入れて、理解させるようにしています。

学校から出題されるプリントについても

何度もやらせるようにしています。

一度だけでは、間違いなく理解できません。

今回のテストでは、理科に充分に力を入れて

授業を進めたいと思っています。

tokiwah26s.JPG




//////学年末・都立入試対策SST授業のお知らせ/////

柴又教室では下記の要領で対策授業を行います。

試験範囲や過去問題をプリントを使って何度も練習してもらいます。


◎学年末テスト対策SST授業(中1・中2対象)

1)実施期間 平成26年2月17日(月)~26日

2)実施場所 柴又教室またはガーデン集会室

3)学習時間 詳細は別途申込の方にご連絡します。

4)授業内容 主要5科目の試験範囲をプリントで解きます。

5)参加費用 10,000円

※全学習時間は、30時間程度になると思います。

◎都立入試対策SST授業

1)実施期間 平成26年2月17日(月)~23日(日)

2)実施場所 柴又教室またはガーデン集会室

3)学習時間 詳細は別途申込の方にご連絡

4)授業内容 過去8年分の都立問題を実戦形式で解きます。

5)参加費用 10,000円




nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。