So-net無料ブログ作成

早稲田育英柴又教室:中3理科「5分で分かる”記録タイマー”」(3)

今回も前回に続いて中3理科「記録タイマー」の

解説をいたします。

柴又教室のプリントを使って、

問題も解いてみたいと思います。

前回の復習ですが、

東日本は周波数が50Hzのため、

1秒間に50打点 → 0.1秒間に5打点

1打ごとの時間は、1/50秒。

西日本は周波数が60Hzのため、

1秒間に60打点 → 0.1秒間に6打点

1打ごとの時間は、1/60秒

ということになります。


斜面を下る物体を記録タイマーを使って

50Hzで記録した場合、

①a~b間(5打点)の長さ0.9cmの場合

a~b間の平均の速さは、0.9cm/0.1s = 9cm/s

②b~c間(5打点)の長さ18cmの場合

b~c間の平均の速さは、18cm/0.1s = 18cm/s

となる訳です。

この場合、打点の間隔がだんだんと広くなっているので

「速さはだんだん速くなっている」

と結論付けることができます。


動画では、柴又教室のプリントを使って、

実際の問題を解いています。

この問題は、基本問題となります。

応用を含んだ問題は、Step1~Step3まで、

仕上げの問題が、チェック・リチェックとあり、

この単元をマスターするのに充分豊富な

問題量を用意しています。

これだけやれば大丈夫、ということです。





////////柴又教室のプリント・プレゼント//////


中3数学「式による説明」のプリント・プレゼントは

予定した5名様からのお申し込みに達しましたので、

終了となります。

ご応募いただいた皆様には大変感謝しております。

是非、柴又教室のプリントを使って勉強し、

高得点を上げて欲しいと思います。



]]]]]]]]]]]体験授業にご参加ください]]]]]]]]]]]]


早稲田育英ゼミナール柴又教室では、

プリントを使って効率よく成績を上げる「仕組み」を構築しました。

個別指導とプリントを組み合わせた「最強の学習スタイル」を

あなたのお子さんに体験させてあげてください。

お子さんの勉強に対する意識の変化にきっと驚かれるはずです。


無料体験授業をご希望の方は、下記よりお申込下さい。

HP:http://www.each-one.net/

電話:03-3600-8791

Email: info@each-one.net


]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。