So-net無料ブログ作成

早稲田育英柴又教室:市販の問題集と比べてみました-柴又教室のプリント学習

今日は、市販の問題集と柴又教室のプリントを

比べてみたいと思います。

市販も通信教育も内容は、ほぼ同じでしょう。

市販系の問題集が駄目だということではありません。

目的が違いますから。

市販系のものは、「理解してもらう」ことを

目的としています。

柴又教室のプリントは、

「理解して」、「練習して」、「高得点を狙う」

という目的があります。


実際に見てもらいましょう。

どちらの出版社のものかは分かりません。

偶然、生徒さんが持っていたものです。

市販系のものは、ほぼ同じ構成になっています。

txt001s.JPG

まず、両開きのページに単元の課題があって、

基本の問題が一問ずつ。

それを解き終わると、次のページへ。

すると、もう、別の課題問題になってしまいます。

txt002s.JPG

練習問題もありますが、

内容としては、理解優先であって、

定着という面では、やはり量が少ないですね。

txt003s.JPG

「柴又教室では、プリント学習をやっている。」

という話を聞かれたあるお母様が、

「プリントなら、本屋で問題集を買って来れば、同じでしょ?」

という発言をされたそうです。

・・・・そうじゃないんだけど。。(悲)




///////////無料体験授業のお知らせ///////////

早稲田育英ゼミナール柴又教室では、プリントを使い、

スモールステップで、勉強を進めていく

「SSTプリント学習」を実践し、大きな成果を出しています。

ぜひその効果を体験してみてください。

1対2個別指導への体験授業もお申込受付中です。

無料体験授業をご希望の方は、下記よりお申込下さい。

HP:http://www.each-one.net/

電話:03-3600-8791 

mail: info@each-one.net




nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。