So-net無料ブログ作成

早稲田育英柴又教室:中3生 自己PRカードの書き方

今、中3生は志望校に提出する自己PRカードを

書き始めているところだと思います。

柴又教室では、なかなかうまく書けない生徒さんのために

PRカードの書き方を指導しています。

まず「志望の理由」については、

例えば、部活動を頑張ってきたお子さんは、

部活動の勉強の両立を目標にするでしょうし、

大学進学や専門学校を目指しているお子さんは、

まさに進学のことを書いて、

志望校の「本校の期待する生徒の姿」に合わせて

書いていけば大丈夫です。


また、「中学生活の中で得たこと」については、

部活をあまり頑張ってこなかったお子さんの場合でも、

自分が頑張らなかったと思っていても、

実際には、よく頑張っていたところもあるはずです。

部活動で、華々しい戦歴を残せなくても、

チームで協力しあった、とか、

部室の掃除を一生懸命にやった、または、

先生の指導をよく守った、など。


それに、部活だけでなく、家庭のことでも書けるはずです。

妹さんや弟さんの面倒をみた、とか、

お母さんの手伝いを率先してやったとか、

よく考え直すと、書けることは沢山あるはずです。



「卒業後の進路」については、

具体的に決まっていなくても、

文系に行きたいとか、理系だとか、

または、人のために役立つ仕事がしたいとか

ぼんやりとした希望でもかまわないので、

それを書いて、どの方面に進もうとも

基礎学力は大切である、という内容を

付け加えて、高校生活をどう過ごしたいかを

書けば、りっぱな自己PRカードになります。



ただ、誤字脱字には気をつけてください。

辞書を横に置いて書くように。

また、「僕」ではなく「私」にしたほうが

よろしいかと思います。


中3生の皆さんには、自信を持って

PRカードを書いて欲しいと思います。



]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]

~あなたのお子さんに、

「次回の学年末テストでは、もっと集中して勉強して欲しい」

とお考えのお母様へ~

早稲田育英ゼミナール柴又教室では、

プリントを使って効率よく成績を上げる「仕組み」を構築しました。

ぜひ、あなたのお子さんに、楽しく集中して勉強に取り組むことができる

SSTプリント授業を体験させてあげてください。


無料体験授業をご希望の方は、下記よりお申込下さい。

HP:http://www.each-one.net/

電話:03-3600-8791

Email: info@each-one.net


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

早稲田育英柴又教室:中学で困らない勉強法(2)~小6の皆さんへ

今回は、「中学で困らない勉強法~

小6生の皆さんへ」の2回目です。

前回は計算力をつけましょう、というお話でした。

小学校で計算力をつけておくと

中学数学への導入がスムーズになる

ということです。

ただし、更に中学で上を目指すのであれば、

中学受験用の計算もできるようにしておくと

より効果的です。

柴又教室では、基礎ができた生徒さんには、

受験をするしないに関わらず、

受験用の計算問題をやらせています。

そうすると中学で複雑な式を解く際にも

抵抗なく、問題を解けるようになります。

こうした中学受験の問題は、

市販でたくさん販売されていますから、

「うちは受験しないから関係ない」

ということではなく、

積極的にやらせてみてください。

もちろん基礎が出来てからになりますが。

bunsu003s.JPG

右側が中学受験用の計算問題です↑

動画でもご説明しています。






]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]

~あなたのお子さんに、

「次回の学年末テストでは、もっと集中して勉強して欲しい」

とお考えのお母様へ~

早稲田育英ゼミナール柴又教室では、

プリントを使って効率よく成績を上げる「仕組み」を構築しました。

ぜひ、あなたのお子さんに、楽しく集中して勉強に取り組むことができる

SSTプリント授業を体験させてあげてください。


無料体験授業をご希望の方は、下記よりお申込下さい。

HP:http://www.each-one.net/

電話:03-3600-8791

Email: info@each-one.net


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

早稲田育英柴又教室:英語プリントの効果

今回は、柴又教室で行っている

英語の授業を動画で見ていただきます。

勉強している生徒さんは、

体験授業にいらした中1の女子です。

英語は相当苦手のようです。

まずは、授業の開始一枚目のプリントと

授業終了時のプリントを見ていただきます。

プリントはすべて同じものです。

つまり、80分の授業の中で、

同じプリントを9枚、解きました。

どうでしょう?

ほとんど書けていなかった英文が

りっぱに書けるようになっています。

英単語ももちろん書けています。

英語名のMike をmaiku と書かなくなりました。

doctorもbokutaと書かなくなりました。

この授業一回で、もう大丈夫、という訳では

ありませんが、一回できると自信がつきます。

これをまた何度か繰り返して、

頭ではなく、手に覚えこませます。

英語も数学もそうですが、

頭で理解しただけでは、絶対に駄目です。

何度も練習、これが必要です。

これを実践できる塾は、

都内にもそうはないと思います。




]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]

~あなたのお子さんに、

「次回の学年末テストでは、もっと集中して勉強して欲しい」

とお考えのお母様へ~

早稲田育英ゼミナール柴又教室では、

プリントを使って効率よく成績を上げる「仕組み」を構築しました。

ぜひ、あなたのお子さんに、楽しく集中して勉強に取り組むことができる

SSTプリント授業を体験させてあげてください。


無料体験授業をご希望の方は、下記よりお申込下さい。

HP:http://www.each-one.net/

電話:03-3600-8791

Email: info@each-one.net


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

早稲田育英柴又教室:中学で困らない勉強法~小6生の皆さんへ

今回から、小学6年生向けに

少し書きたいと思います。

普通、小学生のうちに小学校の単元を

理解し、できるようになって

中学校に入学するはずです。

でも、半分のお子さんは、小学校で習う単元を

中途半端にして小学校を卒業します。

中学校では、小学校の勉強は出来ているはず、

ということで、当然中学の勉強を開始します。

小学校の勉強ができていないのに

中学の勉強が分かるはずも無く、

その半分のお子さんは、落ちこぼれていきます。

慌てて、お母様が「安いから」、「評判だから」と

お子さんを集団塾に入れます。

集団塾では、当然、中学校の勉強をします。

でも、小学校の勉強(基礎)ができていないので、

塾でも落ちこぼれます。

次第に「出来ない子」のレッテルを貼られ、

「入りたい高校」ではなく、「入れる高校」を探すことに。


どうでしょう?

もうそんな負のスパイラルから抜け出しませんか?

お忙しいでしょうが、お母様、

しっかりとお子さんを見てあげてください。

そして、お子さんを「入りたい高校」に

入れてあげてください。



前置きが長くなりましたが、本題に入ります。

柴又教室で小学生向けに使用している

計算プリント自動作成 keisan-PRI

というソフトを紹介します。

このソフトの良い点は、計算の内容を

細かく設定することができ、

何度も数字を入れ替えた問題を

印刷できるというところです。

例えば、繰り上がりするのか、しないのか、

あるいは、一桁なのか二桁なのか、など

苦手なところをピンポイントで問題作成が可能です。


特に小学生は、分数計算をおろそかにしている

お子さんが多いです。

お母様が、それにちゃんと気がついて、

こういうソフトで勉強させることで、

お子さんは、中学生になっても困らなくなります。

もし、お母様もこういう計算が苦手であれば、

そのときは、集団塾ではなく、

私どものような個別指導の塾を使って、

小学校の復習をさせてあげてください。

お子さんを「入りたい高校」に入れてあげるために。

bunsu001s.JPG

印刷するとこんな感じに。

動画でも説明しています。




]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]

~あなたのお子さんに、

「次回の学年末テストでは、もっと集中して勉強して欲しい」

とお考えのお母様へ~

早稲田育英ゼミナール柴又教室では、

プリントを使って効率よく成績を上げる「仕組み」を構築しました。

ぜひ、あなたのお子さんに、楽しく集中して勉強に取り組むことができる

SSTプリント授業を体験させてあげてください。


無料体験授業をご希望の方は、下記よりお申込下さい。

HP:http://www.each-one.net/

電話:03-3600-8791

Email: info@each-one.net


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

早稲田育英柴又教室:中2数学「証明問題」対策

中2生の数学は、今、証明問題に取り組んでいます。

一般的に「証明問題」は、中学生の苦手とする単元です。

この証明問題をどう克服させるか、というところが

塾の腕の見せ所になります。

苦手を苦手のまま、残しておいたのでは、

「塾」の存在意義がありません。

柴又教室では、プリントを使って

スモールステップで進んでいきます。

証明問題の解き方を説明した後は、

穴埋め問題を徹底して、何度も

解いてもらいます。

穴埋めができるようになったところで、

ようやく、ブランクの解答用紙に

始めから自分で証明を書いてもらいます。

こうすることで、「できる」「解ける」という

体験をしてもらいます。

基本問題が解ければ、もう大丈夫です。

こうやって、苦手な証明問題を

克服してもらいます。

塾の一般的な問題集では、こうはいきません。

動画では、もう少し詳しく説明しています。

tyu2syoumeis.JPG



]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]

~あなたのお子さんに、

「次回の学年末テストでは、もっと集中して勉強して欲しい」

とお考えのお母様へ~

早稲田育英ゼミナール柴又教室では、

プリントを使って効率よく成績を上げる「仕組み」を構築しました。

ぜひ、あなたのお子さんに、楽しく集中して勉強に取り組むことができる

SSTプリント授業を体験させてあげてください。


無料体験授業をご希望の方は、下記よりお申込下さい。

HP:http://www.each-one.net/

電話:03-3600-8791

Email: info@each-one.net
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

早稲田育英柴又教室:中2生の”勉強中だるみ”対策

今の時期、中3生は受験に向かって

集中して勉強に取り組んでいますが、

中2生は、この時期、中だるみを

起こしやすいようです。

受験まではまだ日があるし、

学年末までは、まだ一ヶ月以上あるし。。。

といういことで、机に向かわなくなってしまう

中2生も多いのではないでしょうか?


そこで、ちょっと、数学を例に

勉強が足りているかどうか、

ぜひお子さんにチェックをしてみてください。

学習単元は、

1.式の乗法と除法

2.等式の変形

3.式の値

以上の3つです。

問題を出してみて、すらりと解けるなら

これは合格です。

ところが、もたついている様子だったり、

ミスが目立つようなら、

とても危険です。

柴又教室では、中2生または中3生が

入塾する際には、必ずこの単元を

やらせてみて、出来る子かそうでない子か

判断をします。

それだけ重要な単元です。

中2数学の基本中の基本です。

もし、あなたのお子さんが

これらの問題をこなせないようなら、

今のうちから、丁寧に指導してくれる塾を

探されたほうがよろしいと思います。

中3になってしまうと、

こういう問題を丁寧に指導する時間が

ほとんどありません。

時間のある今、出来るように

練習させてあげてください。


tyu2keisans.JPG




]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]

~あなたのお子さんに、

「次回の学年末テストでは、もっと集中して勉強して欲しい」

とお考えのお母様へ~

早稲田育英ゼミナール柴又教室では、

プリントを使って効率よく成績を上げる「仕組み」を構築しました。

ぜひ、あなたのお子さんに、楽しく集中して勉強に取り組むことができる

SSTプリント授業を体験させてあげてください。


無料体験授業をご希望の方は、下記よりお申込下さい。

HP:http://www.each-one.net/

電話:03-3600-8791

Email: info@each-one.net
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

早稲田育英柴又教室:冬期講習最終日

本日は、冬期講習の最終日になります。

柴又教室の生徒さん達は、

この冬期講習に参加することで

充実した冬休みを過ごしたことと思います。

特に苦手な単元を

克服することができた生徒さんが多いことは、

塾長である私が、自慢するところです。


生徒さん達から、

「いつのまにか出来るようになっていた。」

「気がついたら、全問正解だった。」

という言葉が出る、ということは、

何枚もプリントを解いた成果です。

気がつかずに実力がついた、ということです。


動画では、数学が苦手で、特に一次関数の

「変化の割合」の単元がどうしても解けなかった

中2の生徒さんをインタビューしています。

彼も「いつの間にか解けてた。」組です。


こうやって、講習をやることで

生徒さん達の苦手な単元が減ってゆくことは、

私を含め、講師陣のうれしい励みになります。

講習中、何度もプリントを解くことで、生徒も講師も

とても充実した時間を過ごすことができました。




]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]

~あなたのお子さんに、

「次回の学年末テストでは、もっと集中して勉強して欲しい」

とお考えのお母様へ~

早稲田育英ゼミナール柴又教室では、

プリントを使って効率よく成績を上げる「仕組み」を構築しました。

ぜひ、あなたのお子さんに、楽しく集中して勉強に取り組むことができる

SSTプリント授業を体験させてあげてください。


無料体験授業をご希望の方は、下記よりお申込下さい。

HP:http://www.each-one.net/

電話:03-3600-8791

Email: info@each-one.net




nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

早稲田育英柴又教室:小6中学受験生へのインタビューです。

ブログを読んでくださっている皆さん、

明けましておめでとうございます。

柴又教室は、3日から授業を行っているため

もうお正月気分はありませんが、

皆さんはいかがですか?

今年は、消費税が上がったり、

他国とのいざこざがあったり、

オリンピックがあったりで

相変わらずバタバタとしそうですが、

健康には充分に注意して

良い年にしたいですね。

さて、2014年第一回目のブログは、

冬期講習直前まで大手中学受験塾に

通っていた小6女子へのインタビューです。

大手を止めて、柴又教室に来てくれました。

大手塾では、意味が分からないまま、

授業が淡々と進んでいくのだそうです。

授業中は、内容が分からないため、

毎日、睡魔に襲われていたようです。

柴又教室に来て、何枚ものプリントを

自分で解くようになって、

ようやく自信が出てきたとのこと。

本番まで、残り時間は少ないですが、

一緒に頑張りましょう。


動画でインタビューの様子をご覧いただけます。



]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]]

~あなたのお子さんに、

「次回の学年末テストでは、もっと集中して勉強して欲しい」

とお考えのお母様へ~

早稲田育英ゼミナール柴又教室では、

プリントを使って効率よく成績を上げる「仕組み」を構築しました。

ぜひ、あなたのお子さんに、楽しく集中して勉強に取り組むことができる

SSTプリント授業を体験させてあげてください。


無料体験授業をご希望の方は、下記よりお申込下さい。

HP:http://www.each-one.net/

電話:03-3600-8791

Email: info@each-one.net

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。