So-net無料ブログ作成

早稲田育英柴又教室:中3数学「章の問題B~5番」を解説します。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
!!!!こうすれば、40点UPする!!!!

過去に何人もの生徒たちが成功した勉強法を
桜道・新宿・常盤中の生徒さんに教えます!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

★☆★☆体験授業にご参加ください★☆★☆

早稲田育英ゼミナール柴又教室では、

プリントを使って効率よく成績を上げる

「勉強法」を構築しました。

個別指導とプリントを組み合わせた勉強法を

柴又教室では、「最強の学習スタイル」と

名づけ、多くの生徒さん達の成績を上げています。

是非あなたのお子さんにも、

この「最強の学習スタイル」を

体験させてあげてください。

お母様は、きっと、お子さんの勉強に対する

意識の変化に驚かれるはずです。

そして、みるみる成績が上がる様子を

目の当たりにするはずです。


無料体験授業をご希望の方は、下記よりお申込下さい。

HP:http://www.each-one.net/

電話:03-3600-8791

Email: info@each-one.net

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

一学期末テスト対策プリント学習体験会の

☆★☆★☆★☆★お知らせ☆★☆★☆★☆★


体験会の日程等は下記のとおりです。

皆さんのご参加をお待ちしています。

1.日程 6月21日(土)

2.時間 午後4時~6時

3.場所 ガーデンプラザ柴又 集会室

4.費用 無料

5.申込 

-1) 電話  03-3600-8791

-2) メール ikuei172@dj9.so-net.ne.jp

-3) H P http://www.each-one.net/

桜道中・常盤中・新宿中の方を

対象としています。

テスト範囲表を事前にお知らせくださるか、

当日、範囲表を持参ください。

また、筆記用具を持参ください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

今回は、中3数学の解説です。

教科書p59の5問。

√7(ルート7)の小数部分をaとおくと、

a(a+4)はいくらになるか、という問題です。


何を言っているのか、さっぱり。。という中3生は、

結構多いのでは?

まず最初に、√7の整数部分を考えてみます。

知っておくべき情報として、

√4=2であり、また√9=3です。

これから考えると、√7は、√4と√9の間にありますから、

2よりも大きく、3よりも小さい数

ということになります。

つまり、2.○×▽■※・・・・という

2+小数部分になるわけです。

小数部分をaと置きますから、

√7=2+a となります。


これを変形すると、a=√7-2 となります。

ここまでくれば、もう大丈夫でしょう。

a(a+4)のaに√7-2を代入すれば完成です。

(√7-2)(√7-2+4)

=(√7-2)(√7+2)となります。

あれ?これはどこかで見た計算ですね。

そうです。

(xーy)(x+y)=

x2(xの二乗)-y2(yの二乗)の公式です。

この公式から、上記の計算は、

=7-4となり、

答えは、3 となります。

どうですか?

解けましたか?

この説明を聞いて分かった人は、

2~3日置いてから、自力で解いてみてください。

解けるようになっていれば、本物です。

できなければ、再度、動画で説明を聞いてください。


柴又教室のプリント体験授業は明日土曜日

午後4時からです。

ぜひ、体験授業でプリント学習の威力を

味わってください。





nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。